ダニ 時期

ダニがいなくなる時期でも注意するべき?

ダニは梅雨の時期に最も繁殖をするものでありますが、繁殖しても寿命は3か月程度です。

 

 

ダニの存在自体が消える時期になれば、アレルギーは減っていくと思う方も多いかと思います。ですが、ダニの寿命が住んでしまった時期である秋や冬の時期にかけてもダニアレルギーというのは発生し続けます。

 

 

これなどうしてかというと、実はダニは死んでからもアレルギーの原因になるからです。そもそもダニアレルギーの原因というの肌にそのものが引き起こすのではなく、ダニのふんや死骸が原因となっています。

 

 

フンや死骸は時間とともに徐々に分解されていって、空気中を微粒子化して舞いこむようになります。それを人間が吸い込むと気管支まで到達しますことにより、体内の後退物質がそれらを攻撃するようになってそれが過剰になってきますとアレルギーが引き起こされる原因となっています。

 

 

 

 

死骸や糞というのはちょうどダニが死んでいく時期あたりが最も多い時期でありますから、ダニがいなくなったとしても油断することはできないというわけです。こういったダニの影響を防ぐためには、ダニ対策を怠らないことが重要になります。ダニ対策をすることによって死骸もふんも除去できますから、しっかりと処理しましょう。

 

 

また、元々ダニがいないようにするために湿気が多いことを避けるのに空気の入れ替えや乾燥機の導入をし、ダニが増えることを防止することも対策の一つですね。

 

 

 

ダニ捕りロボの取扱店【最安値はココだけ!?】 戻る