ダニ捕りロボ

ダニがいる場所と対策

皆さんはダニのことをどう思っているでしょうか。夜中に噛まれて痒くなって眠れないからうっとうしいとか、別に大して気にならないなど色々な人がいると思います。部屋にいて、蚊が飛んでいないのに足や手が痒くなる時、ダニに刺されている可能性があります。ダニを駆除したい場合、まずダニがどこにいやすいかを考えてそこから駆除していかないといけません

 

 

毎日掃除をしていても、ダニが好む環境になると繁殖力が強い為、数が多くなってしまいます。ダニは湿気があり寒くないところを選んでそこを繁殖地とします。ダニが繁殖に必要な場所は、隠れられるカーペットや畳、布団、枕などで家の中でも特に多く存在しています。毛布やカーペットはよく人肌に触れるものなので、ダニがすこに居着いていると噛まれますし、なにより嫌だですよね。しかもダニは繁殖力が凄まじいので、気づかないだけでそうとうの数のダニが潜んでいます。

 

 

湿度や温度が高くなると、ダニの活動は活発になり繁殖を繰り返すので、梅雨の時期辺りからは特に注意が必要です。部屋全体的なダニ対策としては、湿度を高くしない事が大切です。湿度が55%を超えると、ダニは活発になりますが、逆にその湿度以下だとうまく活動できません。その為、部屋の通気を良くして、定期的な換気を行う事が効果的です。

 

 

 

 

清掃の面では、ダニの生息が多い場所を念入りに掃除する事が大切なので、カーペットを1箇所20秒程度掃除機で吸い取り、ダニやダニの死骸、エサなどをしっかり吸い取るようにします。掃除は、使う頻度が高い場所ほど汚れやゴミが蓄積されるので、良く使う部屋は週1回念入りに掃除するのが理想的です。

 

 

ただ掃除機をするだけよりも、まずはスチームをかけてダニを殺した方がいいです。スチームアイロンなどはスチームが噴出できるのでこれを利用します。スチームはとても高温なのですぐダニを駆除できるので、その後に掃除機で吸い取ると効率が良いでしょう。

 

 

布団は、布団叩きで強く叩くと、中のダニが表面に出てしまいかえって逆効果になるので、軽く表面の誇りを払う程度がおすすめです。布団を干したら、掃除機を使いしっかりと全体的に吸い取るのが効果的です。とは言え、ダニも奥の方に逃げたりするため、なかなか完全に減らすことは難しく、小まめに掃除することが理想です。それが面倒であれば、やはり、ダニ捕りロボのような対策商品に頼るのが確実でしょう。

 

 

ダニ捕りロボの取扱店【最安値はココだけ!?】 戻る